「娼年」、舞台、内容をほぼネタバレすると共に、舞台と映画の違いを

熱烈な”松坂桃李”ファンの感想も交えて、映画の動画を無料で観る方法と

共にご紹介していきます。

 

主演は、”松坂桃李”さんです。

 

原作は、直木賞候補にもなった小説で、石田衣良氏の作品です。

 

「娼年」は”松坂桃李”さん主演で2016年に舞台で公演され

なんとも、濡れ場のシーンが多く衝撃的な作品となりました。

 

”松坂桃李”さんのファンの方々には、見たいという想いと

そこまでしてほしくない想いが交じりあったものとなりました。

 

その後2018年には待望の映画化にもなりました。

 

「娼年」、舞台、内容ネタバレあまりにも過激過ぎ

 

舞台版での結末について、私なりに簡単にまとめてみました。

舞台公演が始まった序盤から舞台の上のベッドでは

一人目の女性と肉体関係シーンとなります。

 

関係を持つ女性たちの数はほぼ10人で

領は繰り返しそれぞれの女性の悩みや欲望を理解しつつ

ギリギリな濡れ場を見せます。

 

最終的な結末は、領が娼夫として一人前になった頃

静香がHIVを発症していて余命数ヶ月という事実を領は知ります。

 

領は静香への想いを押さえることができなく

愛している事を告げ静香の体を抱きました。

 

そして!

 

そのまま静香は死を迎えるのです。

 

そこには静香の死を正面から受け入れる

成長した領の姿があり終演となるのです。

 

映画版は原作「娼年」のストーリーを舞台版は原作の「逝年」のストーリーになっています。

「娼年」と「逝年」両方の原作本を読んで違いを確認してみるのもオススメですね。

キャスト(舞台)

スタッフ(舞台)

「娼年」、舞台版の内容はDVD化される?

かなり内容的にもきわどい作品ですが

DVD化されるのかについて調べてみました。

 

調べたところ、DVD化はされないとのことです。

 

舞台では、もともとDVD化される例は、ほとんどなく

今回の娼年のように過激な作品ではDVD化は特に難しいと言えるでしょう。

 

出演される女優さんの中には、作品に出演するにあたりDVD化をしないという約束の元

出演している方もいるという情報もあります。

 

DVD化されないという事で、舞台を観に行けた人は

かなりラッキーだったことになりますね。

 

でも!   ガッカリする必要は全くありません。

 

映画版「娼年」はDVDで発売されています。

 

▶▶今すぐに、U-NEXTの31日間無料トライアル登録して、「娼年」を無料で観る。

 

映画版では、劇場とは違った演出効果で劇場では観られない

アングルから観られることでより場面が強調されることとなるでしょう。

 

視覚からうけるすごみは映画の方が数倍です。

 

☆映画版と舞台版のキャストを比べてみた結果

•主人公・森中領役:松坂桃李
•平戸東(アズマ)役:猪塚健太
•老女役:江波杏子

 

さんの3人が映画・舞台「娼年」の両方に出演されています。

松坂桃李さんは、この作品について今までにはない初めての役で

絶対に身近な人、親兄弟には観て欲しくないと思っていたそうです。

 

私は、俳優さんならどんな役でも仕事として割り切って

恥じらいなく演じられるのだと思っていたのですが・・・

 

親に観られたくない作言うのはかなり濡れ場のシーンが過激なこともあってのことでしょう。

松坂桃李さんの感想で

 

「こんなに自分をだんました演技した作品は初めて」

とつぶやいていましたから

相当の覚悟を持って挑んだ作品だったことでしょう。

 

このあたりの発言はファンの方々は少しホットしたのではないでしょうか

 

俳優さんとして、さらに一皮むけた”松坂桃李”が観れた作品ではないでしょうか

 

さて、ここでお約束した通り「娼年」をレンタル無しで無料で観れる方法を

紹介します。

 

良い映画は最低でも3回は観たいものです。

 

私は「逃亡者」などは10回も観ました。

 

それでもまだ観たいです。

 

あなたは、人の目を気にすることなく

あなたは、借りた期限を気にしなくても

あなたは、いつでも好きな場所、好きな時間に

 

▶▶今すぐ、「娼年」の内容を無料で安全に観る方法